読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【撮影装備編】千枚田の虫送りをスタビライザー使った一眼ムービー撮影してきたので虫送りと動画撮影方法の解説してみます

2015_07_04、小豆島中山地区にある千枚田を松明を持って練り歩く虫送り。

夏の始まりを告げる祭りへ、一眼ムービー片手に参加してきましたので中山の美しい棚田と虫送りの松明の幻想的な光景について、その撮影方法を解説してみます。

 本編はこちら

chiike.hatenablog.com

取り敢えず今回は一眼ムービーを個人撮影するには、どんな装備が便利なのか実際に今回使った装備を紹介ています。

www.youtube.com

動画撮影装備選びのポイント

旅歩きをしながら一眼での動画撮影装備で重要だと思ったポイントは4つ

  1. 本体特性
  2. 自分のイメージと現場に合ったレンズ特性
  3. カメラを固定する土台の特性
  4. 荷物を身軽にして運びやすく取り出しやすい装備の纏め方

虫送り

小豆島中山地区に約300年前から伝わる伝統行事「虫送り」。
火手(ホテ)と呼ばれる松明を手に中山地区で新緑の稲が美しい千枚田のあぜ道を「とーもせ、灯せ」の掛け声と共に練り歩く。

f:id:chiike:20150708213732j:plain


2011年公開の映画八日目の蝉の舞台に虫送りのシーンを使われた事をきっかけに一時途絶えていた祭りが復活。

八日目の蝉 通常版 [DVD]

八日目の蝉 通常版 [DVD]

 

 現在は地区の保存会のサポートで観光客も参加できる祭りとなっている。

実際に歩いてみたが蓮華寺スタートコースは坂道がキツく、サンダルやヒール等の足元が悪い靴では下りられないので注意。

撮影装備

今回の装備品と使い勝手や、実際に使った動画の紹介です。

f:id:chiike:20150708221659j:plain

普段一人で瀬戸内の島々や香川県内を歩きながら趣味の動画撮影をしています(YouTube動画にアップしてない物が大半)。

今回は、天気予報がギリギリの時間まで雨か曇になるか解らなかったので、両方いけるように装備を揃えました。

カメラ

  • 動画能力:圧倒的な高細密映像の4K撮影ができる物からHD撮影できる物まで様々。60p撮影や30P撮影はたまた高速撮影でスローモーション映像を作れる物まで有ります。
  • 熱耐性:一眼での動画撮影は、ビデオ専用機と違って色々無理して詰め込んでるので熱との戦い。口コミ等で使ってる人の情報集めましょう。
  • 動画編集環境:4K動画とか扱いだすとマシンパワーは要るわ、モニター環境も合わせないかんわ、ハードディスクは速攻満杯になるわでテンヤワンヤです。ご予算に合わせて。
Panasonic DMC-GH4

4K撮影が本体だけで熱暴走の不安がなくできるモンスター一眼動画機

一眼カメラを使った動画撮影では精密機器の塊のデジカメを痛める熱暴走との戦いになるのですが、GH4は専用チップをインテルと共同開発する程の動画機志向へ進化して、信頼性の高いカメラになってます。

4Kが撮れるカメラ物の中で格安に買える(頭オカシイ)ってコストパフォーマンスの高さも相まって一眼動画の世界では人気が高いです。

マイクロフォーサーズ規格のレンズ類は、本当に小さくて荷物が軽くなるのも高ポイント。

今回はレンズも全部雨対策でジップロックに乾燥剤入れて小分けにしていました。

4K撮影時は映像処理に映像エンジンの大半を取られるためか、三脚に据えてじっとしてるとAFが物凄く迷います。

スタビライザーを使った動きながらの撮影だと逆に気にならなくなる不思議

www.youtube.com

 予備バッテリー2本

今回程度の撮影時間だとGH4はバッテリー容量がでかいので一本でも十分ですが、いざと言う時用と、帰りのフェリーや電車内で映像チェックしながら帰るので予備バッテリーを2本用意しました。

レンズ

レンズ選びは、行く場所の事前情報を集めてロケハンができていたら自分のイメージに合ったレンズを選択できると思います。

基本はズームレンズが便利ですが、単焦点も捨てがたい

12-35mm F2.8 標準ズーム G X VARIO ASPH.POWER O.I.S. H-HS12035

 今回の撮影は結果的に雨降りのため、防塵防滴仕様のこのレンズ一本での撮影です。

手ぶれ補正機能も付いているので動画撮影でのポイント高し。

今回は、このレンズ一本だけで撮影

www.youtube.com

マイクロフォーサーズのカメラで動画撮影するならオススメのレンズ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

 35mm換算で150mmの望遠単焦点レンズです。

マイクロフォーサーズのレンズの中でも屈指の解像度を誇るレンズです。

このレンズ使用例(ちょこっとFZ1000の映像も混ざってます)

www.youtube.com

今回棚田の美しさを表現するのにぜひ使いたかったのですが雨で断念。

因みに今回使ったスタビライザーでは、さすがに望遠過ぎて手振れを抑えこむのは厳しいです。

実際に使ってみての感想ですが、きちっと三脚を使った撮影の方が映像が安定してくれます。

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025

 F値1.4の明るさで夕暮れの暗さをカバーしたかったのですが、これも雨のため断念

このレンズ使用例(周辺光落ちは映像ソフトでわざとやってます)

www.youtube.com

NDフィルター
Kenko カメラ用フィルター PRO ND8 58mm 光量調節用 358627

Kenko カメラ用フィルター PRO ND8 58mm 光量調節用 358627

 

 一眼ムービーではシャッター速度が重要になります。

シャッター速度が早いとパラパラアニメになってしまい、一枚一枚の絵の繋ぎがぎこちなくなるのを抑えるため遅いシャッター速度で微妙に動きが流れるようにするのと、西日本の電力周波数が60hzのため照明フリッカー対策を兼ねて1/60秒での撮影をしています。

シャッター速度が遅いので少しでも低いf値にするにはNDフィルターでの調整が必要になってくるのです。

今回は明るい時間帯にND8のフィルターを使い、f2.8での撮影。

暗くなりだしてからフィルターを外してf値の調整で対応、さらに暗くなってからはISOを調節しながら撮影しています。

ショルダーバッグのオマケに付いてきたカード入れに何種類かの暗さのフィルターを入れて携帯。

レンズシェード

 これ便利です。

日差しよけとしてレンズに固定して使います。

今回の撮影では雨なので出番無し。

風があるとレンズのフォーカスが一緒に動いてしまうのが玉に瑕。

中に針金が入っていて形を変えられるのでケラレも安心。

カメラの土台

自分の場合、カメラを支える土台として三脚か一脚にビデオ雲台乗せての運用、電動3軸スタビライザー、そして素の手持ち撮影の4つを使ってます。

その撮影後の映像の違いについて

電動3軸スタビライザー nebula4000 Lite

 ブラシレスモーターを3軸使って水平で手振れを抑えた撮影を補助してくれる強い味方。

片手持ちでの移動をしながら安定した映像を手軽に作れます。

今回の動画では左手に傘、右手にこのスタビライザーを持って動画撮影をしています。

www.youtube.com

1kgまでの重さをサポートしてくれていて、小型ミラーレス一眼のGH4を使った撮影で空中に浮遊したような映像が撮れます。しかしこんな機器が安く買えるなんて(頭オカシイ)凄い時代になったもんです。

・使う時の注意

ヤジロベーのようにしっかりとバランス点を探して調整を追い込んでおけば、モーターに余計な力がかからず、手振れが抑えられ、電池の持ちも良いです。

できるだけ広角レンズを使えば、スタビライザーでも取りきれない細かい手振れが目立ちにくくなるのでオススメですね。

三脚

 軽くて自由雲台付いてるのが非常に便利、重さも8kgまでいける頼もしいやつです。

土台として安定してるので、ピタッと止まった写真のような見やすい映像が撮れます。

またビデオ雲台を組み合わせて雲台側を動かすことで動きを加える事もできるので、三脚は動画撮影の基本で使われてます。

三脚を使っての撮影例

www.youtube.com

今回の撮影では持っていったのですが、雨で出番無し。

基本動画撮影用ではないので、屋外で風がある日は、軽さのために微妙に動いてしまい映像にそれが現れるのがちょっと辛いですね。

そんな時は下にフックが付いてるのでここに重りになるバッグを吊り下げて安定させます。それでも風が強いと微妙に動きます。

後、二年ほど酷使したせいかグリスが漏れだしました。

ですが使い勝手が良いので、本格的なビデオ三脚使わずに移動しながらの撮影するのなら軽いし安いし(頭オカシイ)オススメできます。

ビデオ一脚
SIRUI マルチファンクションビデオ一脚(アルミ) P-204S

SIRUI マルチファンクションビデオ一脚(アルミ) P-204S

 

 今回は持って行かなかったのですがビデオ一脚もフットワークの軽い撮影に非常に便利です。

一脚なので微妙にゆらゆらした映像になります。

一脚使用例

www.youtube.com

ビタっと止まった映像が必要な場合は三脚、細かく移動しながらなら一脚と使い分けています。

 三脚・一脚用ストラップ

 これを三脚や一脚に直接取り付けて、肩掛けしながら運べるので便利。

カメラやビデオ雲台が乗ってるので結構重いですから、こういった細かい装備あると旅しながらでも撮影楽しめます。

ビデオ雲台

 カメラを旋回させたり上下させたりするとき、三脚または一脚にビデオ雲台組み合わせたらスムーズな映像になります。オススメ

手持ち撮影

カメラ首からぶら下げて超手軽だし、さっと出してさっと撮れる強み。

つらい事に手振れします、特に4K撮影するとびっくりするぐらい手振れ目立ちます。

手持ち撮影例

www.youtube.com

この動画では歴史建造物の中に入るので三脚や一脚を使用できず、手持ちだけでの撮影でした。

そりゃもうぶれまくりです。

 その他

f:id:chiike:20150708221659j:plain

 
ショルダーバッグ

 肩掛け方式なので、素早く前にスライドしてカメラを取り出せるので重宝してます。米軍品質基準の頑丈な作りで安心。

またモールシステムにも対応してるので別ポーチを追加で取り付ける事ができます。今回はスタビライザー入れの黒いバッグを右サイドのモールに追加してます。

写真左側面ポケットには1リットルのペットボトルが入るので、旅の前にコンビニで調達して装備できる優れもの。

カメラ用インナーバッグ

ショルダーバッグはカメラ用ではないので装甲が薄く衝撃に弱いです、そこでこのインナーバッグを入れるのと装甲力ポイント増。

さらにソルボシートをバッグの底に貼り付けて衝撃から守っています。

レンズペン

 これはカメラ持ってる人なら必需品でしょうか。

レンズの汚れ拭きとるのに簡単に綺麗にできて重宝します。

 ブロアー
HAKUBA ブロアーブラシ TS-L  KMC-29

HAKUBA ブロアーブラシ TS-L KMC-29

 

 これもカメラのお掃除グッズで必需品ですね。

カメラとカバンの隙間に入れてクッション代わりにしています。

虫除け
ジョンソン スキンガード 100ml

ジョンソン スキンガード 100ml

 

 山歩きするのはやぶ蚊やマダニとの戦い。

バリアー!

日焼け止め
ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリエッセンス SPF50+/PA++++ 50g

ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリエッセンス SPF50+/PA++++ 50g

 

 日焼け止め塗ってるのと塗ってないのとでは、その日の疲れ方が全く違います。オッサンの正直な感想です。

日焼けは体力喰いますから長袖と帽子は、夏でも外歩きの基本。

ポンチョ

 雨合羽と違って足元が濡れますがカメラやレンズの入ったカバンも守れるので便利。

畳んでショルダーバッグの外に引っ掛けて持っていきます。

ジップロック
ジップロック フリーザーバッグ 大 36枚入

ジップロック フリーザーバッグ 大 36枚入

 

濡れたタオルや着替えを畳んで入れたら他に湿気が移らない優れもの。

カメラのレンズ類も入れてます。

自分が使ってるマイクロフォーサーズのレンズでは、中サイズので十分。本体は大サイズに入れてますが安いので二種類用意しておいてもいいと思います。

小物
  • タオル(一枚)
  • 手ぬぐい(薄いので携帯便利)
  • コンビニで貰える紙お手拭き(何かと使えます)
  • 携帯
  • WiMAXルーター(最近何かと話題のあれでインターネット環境完備)
  • iPod(カメラアプリ便利です)
  • 途中コンビニでオニギリとオヤツ(嵩張らない物をチョイス)
  • 1リットルポカリスエット(ショルダーバッグのサイドポケットに丁度のサイズ)
  • 車のキー(このショルダーバッグのポケット内にキーホルダーが付いているので落とす心配無し)
  • 財布
  • 傘(カメラとレンズは防塵防滴仕様なのですが、濡らすのはやはり良くないのと、スタビライザーを濡らしたくなかったので急遽現地調達)

そして最後に大事な物が 

下痢止め
【第2類医薬品】ストッパ下痢止めEX 12錠

【第2類医薬品】ストッパ下痢止めEX 12錠

 

いざと言う時の強い味方。間に合わなくても人の少ない場所ばっかりいくので何とかなりますが、有って安心旅の友。 

水なしでも飲めます(ここ大事)

 ポケットティッシュ
ネピア 鼻セレブ ティシュ 400枚(200組)×3個パック

ネピア 鼻セレブ ティシュ 400枚(200組)×3個パック

 

 上に続いていざと言う時の強い味方。

その肌触りは、緊急時の焦った心に安らぎと肛門への優しさMAX。

 最後に

普通の写真撮影用装備にビデオ雲台とスタビライザー、そしてNDフィルターが加わった感じでしょうか。

他は大体同じかと思います。

普段これにノートPCを加える時がありますが、重いし邪魔だし雨だしで今回はパス。

最近は殆ど持って歩いてないですね。重いの面倒くさいので荷物はなるべくコンパクトを合言葉に動画撮影装備を組んでます。

 

以上動画撮影やってる時の装備でした。

 

 本編へ

chiike.hatenablog.com